Kongozen Sohonzan Shorinji Hiroshima Bishamon Doin
金剛禅総本山少林寺広島毘沙門道院
 
Official Site
少林寺拳法とは「公式サイトへ」金剛禅とは「本山サイトへ」少林寺拳法公式サイトへ広島県少林寺拳法グループ総合サイトへ金剛禅総本山少林寺広島県教区サイトへ毘沙門アルバム(拳士・保護者・OB・OG限定)メールフォームが立ち上ります。

金剛禅総本山少林寺は、少林寺拳法という身心一如の修行法を通じて、「自己確立」「自他共楽」の道を目指しています。

少林寺拳法公式サイトへ

少林寺拳法は、1947年(昭和22年)香川県多度津町で創始された、勇気と慈悲心と正義感を養う「人づくりの行」です。

行事報告道院長紹介修練場所/日時入門ご案内あゆみ日々の修練の様子修練スケジュール

広島毘沙門道院は1993年(平成5年)に設立され、広島市安佐南区毘沙門台、中筋、上安にて活動しています。

見学・体験、随時受け付けています。 お気軽にどうぞ!

更 新 履 歴
     
    ※ 11月22日、「行事報告」に「無事合格です!」をアップしました。
    ※ 11月18日、「行事報告」に「今日の稽古:大切な瞬間です!」をアップしました。

    ※ 11月15日、「行事報告」に「県高校新人大会&県中学生秋季大会でした!」をアップしました。

    ※ 11月01日、「行事報告」に「中高大合同練習会でした!」をアップしました。

    ※ 10月14日、「行事報告」に「今日の稽古:達磨祭&入門式でした。」をアップしました。
    これまでの更新履歴はこちらから・・・>>
お 知 ら せ
     
        ※ 10月以降入門の場合、信徒会費(年会費)が半額となります。 詳しくは >>入門ご案内 
    
少林寺拳法グループのガイドライン及び、修練施設の規定に従い、当面、身体的接触は控え、
      体温測定、マスク着用、手指の消毒、換気等の感染予防を徹底したうえで修練しています。
      見学、体験の方についても、ご理解の上ご協力お願いいたします。

    ※ >>少林寺拳法グループ公式チャンネルが公開されています。 
     
行 事 報 告
    2020年度  
これまでの行事報告はこちらから・・・>
   ※ 2020年11月22日(日)
       「今日の稽古:無事合格です!」
       ずっと準備を重ねていたO田拳士が岡山県にて正拳士四段を受験、無事合格し宗昂馬代表より允可状を授与されました。
       本来、四段以上の特別昇格考試は原則本山で行われますが、今回は感染予防の為全国3地区で分散開催されました。
       技術審査では他県の拳士と組む事になりましたが、初めて会ったにも関わらず息の合った技が出来たようです。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年11月18日(水)
       「今日の稽古:大切な瞬間です!」
       今日の安佐南区民文化センター道場
       新入門小1K池君の道衣が届いたので、皆の前で袖章をつけてあげました。
       うちでは道衣の着方、畳み方のテストで合格するまでは、道場で着替えてもらっています。
       お家でもしっかり練習して早く合格できますように!
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年11月15日(日)
       「県高校新人大会&県中学生秋季大会でした。」
       県立総合体育館剣道場にて感染予防対策徹底のもと、表記大会が開催され、道院長が審判員として参加しました。
       また、高校大会にはうちのOBのK高校少林寺拳法部、M田君とK川君が出場し力強い演武を披露しました。
       (一般財団法人少林寺拳法連盟個人会員、及び一般社団法人SHORINJI KEMPO UNITY1級審判員としての参加です。)
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
         また、大会結果は、「広島県少林寺拳法連盟サイト」をご覧ください。
 
   ※ 2020年11月1日(日)
       「中高大合同練習会でした。」
       尾道市勤労者体育センターにて11月度県中学・高校・大学合同練習会が開催されました。
       現在うちには中高生がいないのが残念ですが、約50名の中学生、高校生、教職員支部、個人会員が集まりました。
       一般財団法人少林寺拳法連盟学生指導員として坪井道院長が、また広島県教職員支部兼籍のO田拳士が参加しました。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年10月14日(水)
       「今日の稽古:達磨祭&入門式でした。」
       今日の安佐南区民文化センター道場、3階音楽室にて令和2年度達磨祭及び入門式を執り行いました。
       達磨祭では、祖師達磨大師の遺徳を偲び、拳禅一如の修行に益々精進していくことを門信徒一同誓いました。
       入門式では、小2J真君と年中さんのK穏ちゃんの兄妹、転籍の小6H薗君小3S本君が立派に誓願文を読み上げてくれました。
       奉納演武はO田拳士が無声の単独演武を披露してくれました。
       恒例「だるまさんがころんだ」もソフトソードを使ってキープディスタンス!
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
達磨祭祭詞奉読    門信徒代表献香   誓願文奉読   法   話
奉 納 演 武   集合写真もやや間隔取って。   恒例「だるまさんがころんだ」
 
   ※ 2020年10月7日(水)
       「今日の稽古:何回突けるかな?」
       今日の安佐南区民文化センター道場。
       小3S本君が鎮魂行の主座に、小1W羽ちゃんが打棒に立候補してくれました。
       まだ接触しての稽古が出来ない中、キックミットをレッスンバーに取り付けて実際に当てる突きの稽古をしました。
       最後には「10秒間に何回突けるかな?」
       少し赤くなった拳を嬉しそうに見せ合っていました。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年10月4日(日)
       「中高大合同練習会&本山達磨祭でした。」
       広島城北中・高校武道場で10月度県中学・高校・大学合同練習会が8ヶ月ぶりに開催されました。
       うちからは一般財団法人少林寺拳法連盟学生指導員として坪井道院長が、また広島県教職員支部兼籍のO田拳士が参加しました。
       また、午前中には香川県多度津町の金剛禅総本山にて達磨祭が執り行われ、その模様は全国にライブ配信されました。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年9月30日(水)
       「今日の稽古:どちらも合格おめでとう!」
       今日の安佐南区民文化センター道場。
       I元兄妹拳士の道衣の着方、畳み方試験を行い、無事合格しました。
       白帯のおふたりさんも次回から道衣で通うことが出来るようになりました。
       また、K本兄妹拳士には昇級の合格証書をお渡ししました。
       これで緊急事態宣言前に予定していた皆の昇級が無事終わったことになりました。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年9月23日(水)
       「今日の稽古:ますます精進を!」
       今日の安佐南区民文化センター道場
       1級と4級の合格証書をお渡ししました。
       H薗君は次の茶帯目指して、T本君とD口君はもちろん黒帯目指してさらに精進してもらいましょう。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年9月9日(水)
       「今日の稽古:門前の小僧登場!」
       今日の安佐南区民文化センター道場
       遅まきながら非接触型体温計を用意しました。
       色んなところで使う機会があるのでしょう、みんな手慣れたものです。
       久しぶりにH川拳士が愛息君を連れて参座してくれました。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年9月5日(土)
       「今日の稽古:20数年ぶりだそう!」
       今日の毘沙門南集会所道場
       大学生の娘さんとお母さん(経験者)の見学がありました。
       20数年前までされていたそうですが、少しずつ体が思い出されたようでした。
       今月一杯体験で来ていただけるそうです。
       入門と復帰、決めてくれたらうれしい限りなんですが。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
 
   ※ 2020年9月2日(水)
       「今日の稽古:教典唱和再開しました。」
       今日の安佐南区民文化センター道場
       少林寺拳法グループの判断基準が変更となり、通常の相対演練に戻ることが可能になりました。
       しかし、区民文化センター側の利用条件に従い、引き続き非接触の修練を行うこととさせていただきます。
       ただ、これまで黙読していた鎮魂行は唱和再開としました。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年8月26日(水)
       「今日の稽古:気を引き締めて!」
       今日の安佐南区民文化センター道場
       少林寺拳法グループの定める警戒レベルがまた4に上がり、気を引き締め直して稽古に臨みました。
       手指の消毒も念入りに。
       T口拳士、T丸姉弟拳士の昇級合格証書が届いたので、お渡ししました。
       次の目標に向かってまたがんばりましょう!
       一方、新入門のI元兄妹拳士は、道衣の着方、畳み方をがんばっています。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年8月5日(水)
       「今日の稽古:道衣姿お披露目でした!」
       今日の安佐南区民文化センター道場
       子供たちにとっては短~い夏休み最後の稽古日となりました。
       新入門兄妹の道衣が届いたので、さっそくお披露目、そして自己紹介をしてもらいました。
       鎮魂行の主座はT口君が立候補、打棒は転籍後2回目の参座のH薗君にいきなりお願い。
       戸惑いながらも4人ともしっかりやりとげてくれました。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
  ※ 2020年8月9日(日)
       広島県総合体育館剣道場にて県高校総体代替大会が開催され、審判員としてお手伝いして来ました。
       県総体の中止を受けて、高校生拳士の修練の成果の発表の場として、感染予防対策徹底の上開催されました。
       当道院OBでK高校少林寺拳法部所属のM田拳士が出場し、元気な単独演武をみせてくれました。
       (一般財団法人少林寺拳法連盟個人会員、及び一般社団法人SHORINJI KEMPO UNITY1級審判員として参加しました。)
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
         また、大会結果は、「広島県少林寺拳法連盟サイト」をご覧ください。
 
   ※ 2020年8月5日(水)
       「今日の稽古:原爆忌法要でした!」
       今日の安佐南区民文化センター道場
       稽古再開後も休んでいたK田兄妹が今日から復帰、さらに新しく転籍者を迎えることも出来ました。
       準備運動や基本の後、明日の広島原爆の日を前に、道院恒例の原爆忌法要を行いました。
       教典唱和、黙祷、法話の後、平和や原爆にちなんだ絵本を2冊、読み聞かせをしました。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年7月29日(水)
       「今日の稽古:前倒ししました!」
       今日の安佐南区民文化センター道場
       新型コロナの再流行の不安が増し、来週の予定だった緑帯さんの昇級試験を、急きょ前倒しして行いました。
       また、今月初めに8級に合格した4人に、合格証書をお渡ししました
       やや緊張気味の4人、まだまだ初々しい!
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年7月4日(土)
       「今日の稽古:月曜日再開です!」
       大雨で延期になっていた行友集会所道場が、4か月半ぶりの稽古再開となりました。
       ただし狭い会場のため、上級者のみという人数制限での再開としました。
       基本、技ともに上級者に合わせた高いレベルの稽古が出来ました。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年7月8日(水)
       「今日の稽古:出来ることから!」
       被災地に送るため、古タオルを集めました。
       急な依頼に関わらず130枚のタオルが集まりました。
       拳士、保護者の方々の暖かく素早い対応に感謝です。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
 
   ※ 2020年7月4日(土)
       「今日の稽古:土曜日再開です!」
       4か月ぶりの今日の毘沙門台南集会所道場、大人のみの稽古日も再開です。
       O田拳士とマンツーマンでしたが濃い稽古が出来ました。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年7月1日(水)
       「今日の稽古:黄色帯おめでとう!」
       今日の安佐南区民文化センター道場
       コロナにより4か月延びていた低学年白帯さんの8級昇級試験を行いました。
       みんながんばって無事合格となり、さっそく黄色帯をお渡ししました。
       よかったですね、似合ってますよ!
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年6月24日(水)
       「今日の稽古:残念です」
       今日の安佐南区民文化センター道場
       昨年広島に来られたばかりのM拳士が急な転勤となってしまいました。
       水曜日の稽古は最後となるため、記念に鎮魂行の主座をお願いしました。
       ただ、土曜日の稽古には岡山から通って来られるそうです。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年6月17日(水)
       「今日の稽古:試行錯誤」
       今日の安佐南区民文化センター道場
       キープディスタンス稽古もまだまだ試行錯誤です。
       帯を使った崩し合い、距離を取っての法形修練、キープディスタンス稽古もまだまだ試行錯誤です。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年6月10日(水)
       「今日の稽古:キープディスタンス」
       今日の安佐南区民文化センター道場、休止再開2回目の稽古でした。
       声の無い稽古、鎮魂行とはいえ、打棒の時だけは良い気合が出てしまったようです。
       キープディスタンスを考慮しながらソフトソードで子供も大人も相対稽古。

       また、M拳士に権中導師の辞令をお渡ししました。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年6月3日(水)
       「今日の稽古:おかえりなさい!」
       今日の安佐南区民文化センター道場、実に3か月ぶりの稽古でした。
       まずは水曜日のみ稽古再開で、他の曜日は7月からの予定です。
       消毒、換気など感染予防を徹底して、より安全に稽古できるよう努めます。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年5月30日(土)
       6月より水曜日のみ稽古を再開する事としました。
       今日、安佐南区民文化センターに申込みと支払いに伺い、感染予防の対策についても確認しました。
       みなさんに会えるのも楽しみですが、責任に身が引き締まります。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年5月12日(火)
       「開祖忌法要」
       道院活動休止中の為、自宅専有道場にて道院長が代表しての開祖忌法要を行いました。
       門下生の皆さんには儀式の模様を動画で配信し、共に開祖の遺徳を偲びました。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
専有道場祭壇   表白文奉読   導師法話
 
   ※ 2020年5月7日(木)
       緊急事態宣言が延長される中、金剛禅機関紙「あ・うん」と少林寺拳法連盟「会報」を拳士に発送しました。
       また少年部には先日撮った自宅稽古用のDVD、ささやかなおまけを同封しました。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
   ※ 2020年4月25日(土)
       緊急事態宣言の解除も難しそうな上、広島市立学校の休校も5月一杯まで延長されました。
       道院のお休みもさらに延長を避けられそうにありません。
       少年部には課題を出していましたが、改めて自宅で出来る基本や単独演武の動画を撮りました。
         詳しくは、道院長個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」をご覧ください。
 
     
これまでの行事報告はこちらから・・・>>
修 練 場 所 / 日 時
    月曜日  行友集会所 安佐南区上安4丁目2(安田女子大学近く、山口短大幼稚園上)
   (小中学生19時20分~20時20分、高校生以上成人~21時50分)
Google Map  
    水曜日  マエダハウジング゙安佐南区民文化センター
            安佐南区中筋1丁目22-17(AL中筋駅西出口0.2Km)
   (小中学生19時10分~20時10分、高校生以上成人~21時00分)
Google Map  
    土曜日  毘沙門台南集会所 安佐南区毘沙門台1丁目19-12(毘沙門台南第三公園内)
   (AL毘沙門台駅北2出口1.0Km)
   (高校生以上成人19時30分~21時50分)
Google Map  
    不定期  専有道場 安佐南区毘沙門台1丁目8-10
   (試験前等の特別練習、儀式等に使用する場合があります。)
 
      ※いずれの曜日も、19時には開場しています。
  ※小中学生は月・水の週2回を原則としますが、週2回が難しい場合はご相談ください。
  ※高校生以上の方は、学業、お仕事や家庭の事情を優先いただき、無理のない曜日で結構です。
  ※祝日・お盆・年末年始はお休みとしています。また悪天候等急きょお休みとする事もあります。
修練スケジュール  
入 門 ご 案 内
  入門資格  ※小学生以上、成人までの男女。
 ※未就学児(原則年長組)については、小学生以上のご兄弟と、または親子で入門の場合、お受けいたします。
    入門手続き    ※少林寺拳法基幹システム(インターネット)での手続きとなります。(道院長による手続き代行も可能です。)
 ※手続き完了後、マイページが開設され、本山より科目表、読本が進呈されます。
 
  入門香資
(入門費)
 ※3,000円/初回のみ(本山への直納となります。)
 ※経験者(転籍・復帰)は不要です。
  信徒会費
(年会費)
 ※7,000円/年度(4月~3月)(本山への直納となります。)
  (2分割納入可、10月以降入門の場合は半額、2月、3月の入門の場合は
  翌年度分会費のみとなります。)

メールフォームが立ち上ります。
    信徒香資
(お布施)
   ※別途、お布施として信徒香資をお願いしています。
  (本山への直納となります。道院は本山からの支援金により運営されています。)
  (一口500円より。口数については道院長にお訊ね下さい。)
 
  道衣 ・ 帯  ※少林寺拳法公認道衣・帯があります。
   道院長を通じて、または公認業者よりインターネットで購入出来ます。
  スポーツ保険  ※スポーツ安全協会の保険に加入していただきます。
  (小中学生800円/年度、高校生以上1,850円/年度)
  お問合せ  ※見学、体験は随時受け付けています。
   右のメールフォームに記入いただくか、hirotsubo319@yahoo.co.jp
   または、090-3633-8063 まで、お気軽にお問合せください。
道 院 長 紹 介
    氏  名    坪井裕之 (HIROYUKI TSUBOI) 個人ブログ「毘沙門さんのお膝元」へリンク  
    僧階・法階・武階    大導師( 2003年)・ 准範士(1998年) ・ 六段(1996年)  
    その他資格    少林寺拳法マスター資格
 1級考試員・1級審判員(一般社団法人SHORINJI KEMPO UNITY・1999年~)
 学生指導員(一般財団法人少林寺拳法連盟・2003年~)
 
    職  業    会社員(道院長は正業を持ったうえで無償無給で活動しています。)  
    個人ブログ    日々の修練の様子、その他随時更新しています、右バナーよりお入りください。  
あ  ゆ  み  
       
     ※1947年(昭和22年)10月 開祖宗道臣、香川県多度津町にて少林寺拳法を創始  
     ※1966年(昭和41年) 3月 坪井裕之、愛知県安城市に生まれる  
     ※1975年(昭和50年)10月 愛媛県・北条東武道院(大石哲也道院長)に入門   
     ※1977年(昭和52年)12月 初段位(少年部)允可   
     ※1978年(昭和53年)11月 少拳士弐段位允可   
     ※1980年(昭和55年) 5月 開祖宗道臣(そうどうしん)逝去、宗由貴(そうゆうき)が、第二世師家として法脈を承継  
     ※1983年(昭和58年) 4月 中拳士参段位允可   
     ※1984年(昭和59年) 4月 大学進学のため来広、広島八丁堀道院に転籍   
     ※1985年(昭和60年) 4月 日本少林寺武道専門学校(現、UNITY武専)、中国地方別科(山口県開催)予科に入学   
     ※1986年(昭和61年) 3月 正拳士四段位允可、考試員・審判員資格取得   
     ※1988年(昭和63年) 3月 大学卒業、市内企業に就職  
     ※1990年(平成2年)  4月 僧階編入、少導師補任  
     ※1991年(平成3年)  9月 五段位允可  
     ※1992年(平成4年) 12月 大拳士位允可   
     ※1993年(平成5年)  2月 道院長資格認定講習会受講・合格    
     ※1993年(平成5年)  4月 広島古市支部道場として運営許可、修練開始  
     ※1994年(平成6年)  6月 広島古市支部道場、認証を受ける  
     ※1995年(平成7年)  3月 日本少林寺武道専門学校、山陽地方別科研究科修了  
     ※1996年(平成8年) 12月 六段位允可  
     ※1997年(平成9年)  4月 日本少林寺武道専門学校広島地区別科開講、講師・教務任命  
     ※1998年(平成10年) 6月 准範士位允可  
     ※2002年(平成14年) 1月 中導師補任    
     ※2003年(平成15年) 1月 大導師補任  
     ※2004年(平成16年) 1月 本山より、10年勤続表彰を受ける  
     ※2006年(平成18年) 2月 支部道場制度廃止により道院へ移行、広島毘沙門道院に名称変更  
     ※2014年(平成26年) 1月 本山より、20年勤続表彰を受ける  
     ※2014年(平成26年) 4月 修練場所変更  
     ※2019年(平成31年) 1月 本山より、25年勤続表彰を受ける  
     ※2020年(令和2年)  1月 宗由貴第二世師家が退任、宗昂馬(そうこうま)が第三世師家として法脈を承継  
       
ページトップへ

少林寺拳法の知的財産は、一般社団法人 SHORINJI KEMPO UNITY サイトへ  によって管理されています。

Copyright© 2015 Kongozen Sohonzan Shorinji Hiroshima Bishamon Doin Rights Reserved.